ホーム > よくある質問 > デスクスタイルについて

000デスクスタイルについて

デスクスタイルについて

私達、家庭教師のデスクスタイル関西校は、近畿一円の家庭教師に意欲的な学生と、家庭教師を考えている家庭を繋ぐ家庭教師グループとして前身の家庭教師のフィールとして1996年に設立されました。

現在は、デスクスタイル関西校だけで生徒数900名を超え、家庭教師数も12,000名を超え、より質の高い指導や生徒さん達のバックアップに力を入れる為に、子どものやる気を起こす為の教育心理カウンセリング活動への取り組み、成績をあげる為のノウハウの確立に一層力を入れ、

「本当は勉強できるようになりたい...。」
「やる気が出ない...。」
「勉強が楽しくない...。」

という気持ちを持った多くのお子さん達にやり方をつかませ、自信をつけてあげられるように頑張っています。

その後、同じ志の全国の家庭教師のグループが集まりデスクスタイルグループの中の関西全域を統括する支部として生まれ変わりました。

デスクスタイルとはその名前の通り

家庭学習をしっかりと自分の力で出来る様にするという意味です。

デスクスタイルでは家庭教師と同じ様に、お家に伺って指導をしていきます。

ただ、お家に伺って解らない所を教えるだけではなく、家庭教師の先生がいない一人の時の勉強のやり方から指導を行い一人でも上手く勉強が出来る様な勉強のやり方から身に付けます。

最近、家庭教師センターや学生の団体でも安さだけを売りにしている所が数多くあります。(当然デスクスタイルも安いのですが)中身の無い研修をしている所、子どもの成長に本当に向き合った指導が出来ない所が多いと感じられます。

私たちデスクスタイルグループ、家庭教師デスクスタイル関西校は本当に生徒にあった家庭教師をご紹介し、目標を達成するため、生徒の成長につながる精一杯のお手伝いをさせて頂たいと思っています。

私達はデスクスタイルと出会って本当に良かったと言われるような指導を目指しますので、本当によろしくお願いします。

はい。平日、土日、祝日関係なく活動しています。

年末年始、GWなどでお休みになる日もあります。

お電話が繋がる時間帯はお昼の13:00~22:00となっております。

メールでのお問合せは24時間365日受付中です。

何かご相談がある場合は遠慮なくご連絡下さい。

尚、メールの場合はお返事が翌日以降になることもあります。

私達、家庭教師のデスクスタイル関西校は1996年に設立されました。

公立、私立と進学している学校は様々ですが

毎年300名~400名の生徒を高校合格に導いています。

デスクスタイル関西校では、勉強の分からない所を教える勉強だけでなく

毎日の予習復習のやり方、勉強のやり方から教えているので

高校進学後も自分自身で家で勉強が出来るようになる生徒が多いです。

デスクパートナーとは従来の家庭教師としての1対1の個別指導に加えて生徒が1人の時に学校の予習復習を自分で出来るようにやり方を指導する講師の事です。

生徒に毎日の予習・復習のやり方、家庭学習の勉強の仕方の指導と勉強の習慣づけによる、基礎学力定着を目指した指導を行います。

生徒自身がやり方をつかみ、自ら勉強できるようになった時、飛躍的に成績が伸びます。この様な状況が出来ると、普段の勉強、学校の授業がドンドン楽しくなってきます。

もし、「家庭学習の習慣がない」「基礎学力を向上させたい」とお悩みであれば力になれると思います。

「うちの子毎日ゲームやマンガばっかりで、全然やる気がないわね~」
「どうしてこんなにやる気がないのかしら・・・」

生徒のほとんどが勉強嫌い・・・めんどくさい・・・

自らやる気を出して勉強をしている生徒は多くありません。

やる気ない様に見えるお子さんをみると、お母さんお父さんが悲しくなる気持ち本当にわかります。
私達も小学生、中学生、高校生の時にやる気がない時期がありお母さん、お父さんを悲しませたり、困らせたり、私達の将来の事を心配してもらった経験があります。

では何故デスクスタイルでは勉強が嫌いでやる気がない生徒のやる気を出せるのでしょうか。

まずこの事をお話しするにあたってお母さんに知ってほしい事があります。

やる気がある子とやる気がない子の差は「勉強がわかる」か「勉強がわからない」だけです。

やる気がある子は勉強がわかるから楽しい。
やる気がない子は勉強がわからないからおもしろくないしどんどんやる気がなくなってくる。

この事からわかっていただけるように

やる気がない子に「やる気をもちなさい」と話すだけでは全く解決しません

ただお母さんにわかってほしいのはお子さんは勉強のやる気が無いという事ではないという事です。

本当はやる気をだし、張り合いに満ちた環境をのぞんでいます。
ただ、やり方がわからないから勉強に対して苦手意識をもち、やる気を出せないだけです。だから、子供のやる気が出る環境に子供自身をもっていけば必ずやる気は出ます。

その環境とは勉強のコツがわかり、成績があがるという環境です。

よくお母さん方から耳にするのが、
「うちの子やる気がないから、何やらせても無駄だから~」
「やる気がないから、本人のやる気が出てから考えるわ~」
という意見ですが、
やる気を待っても、やる気というのはなかなかでません。しょうがないからやるという気持ちで、勉強に取り組んでも勉強がわからないとすぐに意欲を失ってしまいます。

だからやる気がない子にやる気を起こす為にはやる気を待つのではなく、こちらから勉強のやり方をつかませて、成績をあげてあげのが一番の方法です。

私達デスクスタイル関西校はその子の特徴を理解しやり方、コツをつかませて成績をあげて、結果的にやる気を起こす自信があります。

デスクスタイルとは2008年7月より新しく作られた学習スタイルのことです。デスクスタイルの指導時には1人の生徒に2人の講師が付く形になります。

従来の家庭教師の役割にさらに勉強のやり方の指導を加えた

「デスクパートナー」

また、生徒さんの家庭学習の支援をする

「デスクチューター」

この2本柱で指導をしていきます。

家庭教師、塾、通信教育の良い所を取り入れ、
「生徒が1人の時に勉強できるようになる」これを目指して

予習復習のやり方の指導、家庭学習の勉強の仕方の指導による

家庭学習の自立と「勉強がわかって楽しい」という気持ちと達成感をより持ってもらう成績アップに向けた指導の学習スタイルのことです。

どんなにやる気がないように見える生徒さんでも、

「本当は成績をあげたい!」
「今のままの成績ではイヤだ!」
「勉強が楽しくなりたい!」
という気持ちを心の奥ではみんな持っています。

大事なのはお子さんが本当はどうしたいのかという気持ちをわかってあげて、勉強に対してやる気を育てる為に成果が出る勉強のやり方をしっかり教えてあげる事です。

私たちはこのような生徒達、保護者の方に力になる為に、
「予習・復習のやり方指導による勉強の習慣づけ」「基礎学力の定着」の指導と環境作りに力をいれて「学校の授業の完全理解」を達成し、結果として生徒が自立できる事をデスクスタイルのコンセプトの柱としています。

デスクチューターは生徒とデスクパートナーのサポートするスタッフのことです。

デスクチューターの役割は生徒への勉強のやり方をアドバイス、

保護者からの悩み相談の対応、成績アップの方法を提案します。

また、高校入試の情報提供。進路相談も行います。

普段お家に伺うデスクパートナーだけではなく、チューターのサポートを行うことでこれまでの家庭教師よりも厚みのあるサポートを行うことが出来ます。

またデスクパートナーへの教育も行いより毎週の指導力の強化も行っています。

デスクチューターのサポート内容は生徒への勉強のやり方をアドバイス

保護者からの悩み相談の対応、成績アップの方法を提案します。

また、高校入試の情報提供や進路相談も行っています。

普段お家に伺うデスクパートナーだけではなく、チューターのサポートを行うことでこれまでの家庭教師よりも厚みのあるサポートを行うことが出来ます。

またデスクパートナーへの教育も行い普段の指導力の強化も日々行っています。

電話でのお問い合わせはこちらから0120-869-329 (受付時間 14:00~22:00)
デスクスタイルがなぜ選ばれるか その理由を今すぐ知りたい!いちばん人気の資料請求はこちら

トップへ戻る