ホーム > 将来の夢を叶えるには > 大学に行く必要がある職業とは?

大学に行く必要がある職業とは?

航空管制官とは・・・
仕事は大きく2つあり、各空港で行う管制義務と全国4箇所の航空交通管制部で行う各管轄地域の監視が仕事。

航空整備士とは・・・
短時間で機体の安全を確認し、フライトのゴーサインを出すのが仕事。
通常2人でチームを組み、安全を確認後、フライトのゴーサインを出す。
点検・修理に費やせる時間は30分から1時間くらい、毎日が時間との戦いだ。

建築士とは・・・
依頼に応じて、用途、規模、デザイン、構造、予算などを考えながら、建築物の設計を行う。
また、実際工事がスタートすれば、設計どおりに進んでいるかをチェックする仕事が待っている。この「工事管理」も、建築士の重要な役目だ。依頼者の希望を実現させられるだけの専門能力と誠実さ、責任感が必要となる。

司法書士とは・・・
個人、会社に代わり、不動産・商業登記、供託(法令に従って財産を預ける事)の手続きを行い、裁判所や法務局などに提出する書類を作成する仕事。依頼主に対して財産や訴訟に関する相談役を引き受ける仕事。資格取得後、①企業の法務関係部署で活躍②司法書士事務所で実務経験を積んだ後、独立・開業  のパターンに分かれる。

弁理士とは・・・
個々の発明者や企業などの依頼に基づき新たに生まれた発明・考案などについて特許や実用新案・意匠・商法に関わる業務について特許庁に登録出願を代理して、考案者の権利を守る仕事

公認会計士とは・・・
高い専門知識とともに、"正義感"が必要となり、主な仕事は各企業が公表する財務諸表(財政常態や経営成績を示すデータ表)をチェックし、それが正しいことを証明する「監査業務」。
他に、会計指導、税務、株式公開支援(株の上場、店頭公開を狙う企業の監査と経営指導)なども行う会計のプロフェッショナル。社会的地位もたいへん高い。

行政書士とは・・・
扱う書類は3000種類。兼業者が多いのが特徴で、一般市民や企業から依頼され、官公署へ提出する各種書類を作成し、手続きを代行する仕事。
行政書士事務所で一定期間、修行した後、独立するのが一般的なパターンだが、成功の鍵を握るのは営業力。行政書士とは書類を扱う手続き代行のエキスパートなのだ。

税理士とは・・・
今注目されているのは、コンサルタントとしての役割。個人、商店、企業から依頼を受け、税務に関する書類の作成、手続きを代行する仕事。会計帳簿、決算書類の作成等の会計関連の仕事もこなす。
現在、このようなコンサルタントとしての役割の重要性が高まりつつある、それ専門に活躍している税理士もいる。

弁護士とは・・・
裁判を通じて、依頼人の法律上の権利や利益、人権を守る仕事です。主な仕事は、裁判所で民事(私権を守る)、刑事(公権発動)の訴訟事件を処理したり、企業に以来されて商売上の事故処理や外国との交渉を行う。将来は司法試験の合格定員が増え、3年目以内の受験者を優遇する「合格枠制」ができたのも、そのため。方向としては今よりも"なりやすく"なる方向へ

生命工学研究者とは・・・
遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力を上げたり、新製品の開発につなげる為の研究を行う仕事。さまざまな生命や体のメカニズムを解明していく仕事。

栄養士とは・・・
病院や保健所、学校などの集団給食施設で献立を作り、栄養指導をする仕事。医師に治療方針に沿った栄養指導から、フィットネスクラブからダイエットを兼ねた栄養指導やレストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースもある

獣医とは・・・
動物病院の医師として、犬や猫などの小動物のペットから、馬や牛までの大動物までのさまざまな動物の病気を診察し、治療にあたる仕事。開業医としての仕事だけでなく、公衆衛生局、農業試験場、検疫所などに就職して、衛生面などの検査などの仕事。

社会福祉士とは・・・
老人福祉施設や福祉事務所、医療機関などで、手助けの必要な人やその家族からの相談にのって、助言・援助を行う仕事。困っている人とさまざまな施設・機関、もしくは他分野の専門家とを結びつける調整役、コーディネータとしての役割も狙う

医療ソーシャルワーカーとは・・・
病院などに勤務し様々な問題を抱える患者やその家族の相談にのり、安心して医療生活を送れるように 福祉の立場からの援助していく仕事相談内容は医療費の問題、退院後の社会復帰の方法、福祉施設の入所方法などさまざま医者にかかわりたくない患者などには、会話によって不安を取り除くといった医療と福祉の「橋渡し」的な仕事も行う。

保健師とは・・・
地域住民を対象に、健康指導を手がけるお仕事です。
保健師は病気の予防にあたります。学校や企業、地域団体、老人介護施設などに対する健康指導、また、直接家庭を訪問してアドバイスを行ったり、電話相談にのったりもする。
その守備範囲は成人病予防や伝染病予防、さらには母親に対する育児指導や、お年寄りや障害者へのメンタルヘルスケアまで広範囲に及ぶ。
結婚や出産の経験が強みになるため、一生仕事を続けたいと思っている女性にはもってこいの仕事といえそうです。

カイロプラクターとは・・・
カイロブラクティックとは、今から約100年前にアメリカで体系ずけられた医療で、薬を使わずに、独自の手法で脊髄のずれや歪みを矯正することにより健康を維持回復させるものでこうした治療を行うのがカイロプラクターである

臨床心理士とは・・・
専門的技術を用いたカウンセリングなどの心理検査によって、ストレスや悩みを抱える人達の相談にのり、悩みの原因を探ったりより良い解決法へと導く仕事。病院、学校などの教育分野、福祉センターなどの福祉分野で活躍。

歯科医師とは・・・
歯の治療をする仕事になります。
虫歯や歯周病の治療や差し歯や入れ歯の作成もしますが、口の中にできたがんの切除などの外科手術もします。
急患に対応することも多くあります。

薬剤師とは・・・
意志の処方箋を調剤をしたり、その時に患者さんに薬の説明をします。
またその時にしっかり患者さんの疑問点にもしっかり答える必要があります。
また、企業に入って薬の研究や販売をしたり、健康食品や化粧品の研究や開発をしたりもします。

医師とは・・・
中途半端であってはいけない、人間を尊敬する心と高度な知識・技術を必要とし、命を預かる重大な仕事です。
ひと口に医師といっても2種類あり、患者や一般人を相手に病気の予防・治療などを行う臨床医師と、病気の原因を究明したり人間の体や薬の働きを開明する基礎医学に携わる研究医だ。
臨床医は数多くの治療法の中から患者に適したベストの方法を用意しなくてはいけない。それには、細分化し、日進月歩で進歩する医学の成果を十分に吸収する必要がある。
看護士や技師、療法士ら医療チームのリーダーとしては、指導性、人格も問われる仕事です。

看護師とは・・・
患者への対応は臨機応変に、マニュアルには頼れない仕事です。
外来、入院患者など担当によって仕事の内容はさまざまだが、マニュアル通りにはいかない仕事なだけに、とっさの判断力やすばやい対処技術も求められる。

理学療法士・作業療法士とは・・・
病気や怪我によって身体が不自由になった人に対して、マッサージや電気で患部を刺激を与えるなどの 物理的な療法を通じてリハビリを行うのが理学療法士。身体や精神に障害を持つ患者に対し、工作や手芸、、園芸などの作業を指導し、社会参加の手助けをするのが作業療法士。これらはニーズが高まる一方で、就職率はほぼ100%

臨床検査技師とは・・・
医師の正確な診断や治療に必要なデータをさまざまな検査でそろえる仕事です。
病気を直接直すわけではないが、検査のプロがいないと治療はなりたたない。
まさに近代医療の縁の下の力持ちといえるお仕事です。すばやく的確に検査し、正確な結果を出さなくてはいけないため、女性が半分以上を占めています。

保育士とは・・・
保護者から子供を預かる仕事。子育てと仕事を両立したいという親から学齢前の子を預かってふだんのせいかつの世話をします。
食事のしつけやいろいろな面での教育をします。音楽や図工などの幼児教育をします。

幼稚園教諭とは・・・
幼稚園の先生は幼稚園で幼児の教育にあたる専門職。満3歳から小学校入学までの幼児を育てる。
集団生活の中できちんとした生活習慣をみにつけさせる。遊びや運動を通して、子供達の様々な可能性を引き出す。

小学校教諭とは・・・
授業や生活指導を通じて、子どもたちの個性を伸ばし、助け合うこと、夢を描くことの大切さを教え「生きる力」を育む仕事です。
これら以外にも、PTA活動や学校行事の運営、地域社会との協力活動など、仕事内容は幅広い。
初めて本格的な教育を受ける児童にとっては、大きな支えであり、指導者でもあることが小学校教諭の仕事です。

大学教授とは・・・
大学や短大で学生を指導しながら自分の専門分野の研究を進め、研究の成果を論文という形での発表をする仕事です。
他にも入試委員会やカリキュラム委員会などのメンバーとなって大学の運営に携わるのも大切な仕事です。教授になるまでの道は厳しいが、自分の好きな事に没頭できるのが大きな魅力。

中学校教諭とは・・・
中学生は子どもからおとなへの第一ステップ。
微妙に変化する生徒の心と体を受け止め、「生きる力」を育むことが求められる仕事です。
授業は専門科目を受け持ち、担任もやればクラブ顧問、生徒の生活指導に父母面談、各種学校行事の運営と、とにかく幅が広い。生徒や父母の信頼を得るために、担当科目で分かりやすく、しっかりとした授業を行うことが第一。
そのうえ、おとなと子どものはざまで揺れ動く生徒たちの精神面の指導にも取り組む。一人一人の個性をしっかりとつかみ、誠意と情熱をこめ、根気のある指導が求められる。

高校教諭とは・・・
これからはさまざまな生徒に対応した多様な授業が増えるため、教え方や教師の人間性まで問われる仕事です。
高校の教科は中学より細かく分かれているので、それだけ優れた専門知識と指導力が欠かせない。
また教科指導と同時に、クラブ活動や学校行事、さらに担任ともなれば生徒個人の進路指導や父母との相談にも応じなくてはならない。
生徒ひとりひとりに個性があるように、その対応の仕方もさまざま。社会の動きを敏感に感じ取り、適切なアドバイスを心がける必要があります。

日本語教師とは・・・
教える相手はさまざま、外国人や留学生を主な対象とした仕事です。
外国人に日本語だけでなく、日本の心と文化を伝え、広く日本を理解してもらう。
日本文化の窓口ともいえる責任の重い、意義深い役割です。

盲・ろう・養護学校教諭とは・・・
心身に障害を持つ子供や病弱時などに盲学校、ろう学校、養護学校で教育指導にあたる仕事。また、社会で自立していく力を養う「看護・訓練」と呼ばれる特別な教育指導も行う何よりも大切なのは、生徒との信頼関係。生きる力を与える弱者の味方!

歯科衛生士・歯科技工士とは・・・
自分の歯を長持ちさせるのが歯科衛生士の仕事。歯を矯正するのが歯科技工士の仕事です。
ともに歯科医の重要なパートナーです。

国税専門官とは・・・
適正な納税額が申告されているか調査・検査を行う仕事。納期限までに納付されていない税金の催促や滞納処分を行う仕事。悪質な脱税嫌疑者の家宅捜査などを行い告発する仕事。納税者の正しい申告についての指導も行う。

外交官とは・・・
在外の公館である大使館や総領事館でさまざまな外交事務を担当したり、現地の情報収集を担当する仕事。諸外国と日本の関係を円滑に友好的に結ぶ為の政策決定などに影響を与える仕事。

検察官になるには・・・
殺人や汚職などの刑事事件が起こった時に捜査活動を行い、被疑者を起訴するかどうかを決める仕事。起訴した場合にはまず、裁判所で冒頭陳述を行い、次に公判の場で、証拠を示しながら被告人側の弁護士と論争を繰り広げ、被告人の罪がどの程度の刑罰にあたるかを示して、裁判官に求刑する仕事。

裁判官になるには・・・
全国にある裁判所で法律上の争訟を審理し、事実を認定して法律を適用する仕事。例えば刑事事件なら被告人が有罪か無罪かを決め、有罪なら検察官が求刑した刑罰が妥当かどうかの判断を下す。調停事件も主宰。

国際公務員とは・・・
国際公務員には大きく分けて専門職員と一般職員がある。前者は専門知識や経験を生かして、開発途上国への技術支援教育の普及といったプロジェクトの作成や管理を行う。
一方、後者は秘書・統計など、主に事務を担当する仕事で、専門職をサポートする立場だ。専門職は大学院修士課程卒業レベル、一般職は大学卒業レベルの専門知識が必要で、どちらも英語フランス語を使って、仕事に携わることになる。

電話でのお問い合わせはこちらから0120-869-329 (受付時間 14:00~22:00)
成績が伸びない、やる気が出ない原因を今すぐ解決!無料の体験学習のお申し込みはこちら デスクスタイルがなぜ選ばれるか その理由を今すぐ知りたい!いちばん人気の資料請求はこちら

トップへ戻る