ホーム > 用語集(副教科) > 美術

003美術

美術

中学校の「美術」では、表現及び鑑賞の幅広い活動を通して、美術の創造活動の喜びを味わって美術を愛好する心情を育て、感性を豊かにし、美術の基礎的な能力を伸ばし、美術文化についての理解も深め、豊かな情操を養う事を目標にしています。

美術の授業では講義とは別に、絵を描いたり、彫刻を作ったり、何か作品を作ったりします。ただ、絵を上手に描いたり、作品を上手に作ったりするのって人によっては難しいですよね。

当然表現の仕方は生徒達により様々で、作品に対しての美術的な評価は人により違うと思いますが、中学ではどうしても成績としてつけられます。
手先が器用だったり、美術のセンスがある子がやはり美術の作品に関しての成績では有利です。

ただ、中間テスト・期末テスト等の美術の定期テストではそのようなものは関係ありません。
なぜなら勉強をすれば必ず点数が取れるからです。

美術のテストにはどのような問題が出題されるのかはほとんど決まってきています。
学校もあらかじめテストに出す所やポイントを丁寧に教えてくれる学校がほとんどのようです。

ただ、テスト前に主要5教科の勉強で時間をとられてしまい美術の勉強に時間をとれなかったり、どうやって勉強をすればいいのかわからない、どこを勉強していいのかわからないという状態の生徒達も多いようです。

そのような中学生の生徒達の為に、美術の定期テストでよく出る言葉や、用語をまとめてみました。
中間テストや期末テストの定期テスト対策で是非活用して下さい。

美術の用語・要点のまとめです。


現在美術の要点のまとめは作成中ですので完成までしばらくお待ち下さい。随時アップしていきます。

英数国理社でやり方をつかむ事で実技教科も自然と成績UP!

基本は5教科の勉強を普段から出来るだけちゃんと理解し、技能4教科(副教科)の勉強の時間を定期テスト前にとれるようにしておく事が大事です。

5教科のやり方をつかむ事で、その結果自然とテスト前も実技教科に勉強の時間を当てる事が出来るので実技教科の成績UPにもつながる事になります。

これらの主要5教科の英語・国語・数学・理科・社会の勉強にはコツがあり、そのコツさえつかむと勉強がすごく楽になります。

デスクスタイルではそのコツを教え、勉強をラクにし、その結果成績UPにつながる指導を実践していますので、大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山で勉強のやり方に困っている中学生の方は是非デスクスタイルの無料体験学習をお試し下さい。

中学生の5教科要 中間・期末・高校受験対策の要点集はこちら
電話でのお問い合わせはこちらから0120-869-329 (受付時間 14:00~22:00)
成績が伸びない、やる気が出ない原因を今すぐ解決!無料の体験学習のお申し込みはこちら デスクスタイルがなぜ選ばれるか その理由を今すぐ知りたい!いちばん人気の資料請求はこちら

▲ トップへ戻る