ホーム > 塾と家庭教師の違い > 教え方の違い

教え方の違い

塾の形式、現状を知る事で、現在指導を受けている塾がお子さんに合っているのか?
もし、塾に通っているけど成績が伸びていないのであれば、なぜ伸びていないのか?という理由がわかり、お子さんに合った学習法を決める時の参考になります。是非お子さんに合う塾、家庭教師選びにご活用下さい。

  • 進学塾
  • 個別指導塾(1対2~)
  • 個別指導塾(1対1)
  • 個人塾(少人数~多人数)

進学塾

特徴

成績順でクラスが編成されており、塾のテキストを解いて、先生が授業形式で説明していきます。
授業のペースは学校の授業よりもはやい所が多いようです。
内容は学校の授業の内容よりレベルの高い内容をやっています。

伸びるこの特徴 こんなお子さん進学塾がピッタリ!
  • ●自分で勉強する習慣がついている子
  • ●学校の授業がしっかり理解出来ている子
  • ●競争心がある子
  • ●質問できる子

進学塾に合わないお子さんがいるのはなぜ?

一人一人に合わせた授業ではなく、みんなに合わせた授業だから、先生は一人一人がどこがわかっていないのか確認しづらい部分があります。
当然わからない子のレベルに合わせてくれませんので、一度わからなくなるとその子にとっては塾の授業が一方通行になりがちになります。
あと手順だけを覚えて「デキたデキたドンドンすすめ!」とやっているうちに、本当はわかってなくても答えがでるので、わかってない所が山積みになって、取り返しのつかない場合があります。

「塾の説明はわかるよ。」
と言っている子で、テストになると点数が思っているほど取れない子に、この例は特にあてはまるので、要注意である。

お子さんは進学塾より家庭教師向き? 家庭教師にできること

家庭教師だったら1対1の指導だから、お子さんが理解できているかを確認しながら進めていく事が出来ます。
自分から質問できない子でも、横で指導していたら「なぜ理解できていないのか?」理由がわかるので、私達の方から丁寧にその子のわからない所を的確に指導できます。
お子さんのレベルに合わせて、わからない所から理解させてあげるコトができるので効果テキメンです。
答えが合ってても、本当はわかっていないこともあるので、その辺を確認しながら指導に取り組んでいきます。

個別指導塾(1対2~)

特徴

仕切りで区切ってあり、塾が与えたプリントやテキストを解いて、わからない所を先生に質問する形式です。

確かに教えてもらえる時は個別指導ですが、実態は先生1人に対して生徒が2~3人くらいというのが一番多いようです。

進学塾に比べてその子のレベルに合わせた指導が出来るのが特徴です。

伸びる子の特徴 こんなお子さんは個別指導塾(1対2~)がピッタリ!
  • ●自分がどこがわからないのかわかる子(質問する所がわかる為)
  • ●積極的に質問できる子
  • ●テキストをあらかじめ解いていく子(問題とく時間よりも質問する時間を長くする為)
  • ●勉強のやり方をつかんで家庭学習がある程度できている子

個別指導塾(1対2~)に合わないお子さんがいるのはなぜ?

週1回で90分指導を受けていても、生徒が同じ教室に2人いれば、実際に指導受ける事が出来る時間は半分の45分。もし生徒が3人いれば、30分しか教えてもらえない計算になります。

しかも積極的に質問する子は先生を独占できるので、自分から質問できない子は1対1で教えてもらえる時間はほとんどありません。
そういうお子さんは個別塾に自主学習をしに行っているようなものです。

あらかじめ、問題を解かずに塾に行っている子も結局塾で質問する時間よりも、問題を解いている時間の方が圧倒的に長いので、これもまた自主学習をしにいっているようなものです。

もしそういう状態なら1ヶ月2万~3万も払う価値がないのでは?
あと先生が週ごとにコロコロかわる塾もあるようです。

お子さんは個別指導塾(1対2~)より家庭教師向き? 家庭教師にできること

家庭教師なら完全に1対1ですので、もし同じ90分の指導をする場合90分全部をその子に使ってあげることができます。
先生が他の生徒に時間をとられて、教える時間がないという事はないので安心です。しかも先生がコロコロかわる事もないので、その子の状況を把握しやすく、的確な指示を与え、指導する事ができます。

個別指導塾(1対1)

特徴

1対1の為、その子のレベルに合わせて教えてもらう事ができますし、わからない所まで戻って教えてもらう事ができます。難点は金額的に1教科あたり10000~14000円位で高いということです。
比較的1対2~の個別塾より、教えてもらえる時間も長く、質問もしやすい環境なので、金額の事を考えなければ同じ個別塾にいく場合はおすすめです。

伸びる子の特徴 こんなお子さんは個別指導塾(1対1)がピッタリ!
  • ●自分がどこがわからないのかわかる子(質問する所がわかる為)
  • ●テキストをあらかじめ解いていく子
    (問題とく時間よりも質問する時間を長くする為)
  • ●勉強のやり方をつかんで、家庭学習がある程度できている子

個別指導塾(1対1)に合わないお子さんがいるのはなぜ?

せっかく1対1の個別塾に通っていても、問題を解いていかずに、塾に行った場合、結局は質問する時間よりも問題といている時間の方が長くなってしまうので、自主学習をしにいっているようなものです。

あといかに個別塾でも、わからない所はちゃんと1対1で教えてくれますが、家庭学習のやり方までは教えてくれません。

もし家庭学習をやらずに、1対1の個別塾に行っている場合は、自主学習に1教科10,000~14,000円も払うのは割りにあわないのでは?逆に言えば家庭学習をやってわからない所をあらかじめ用意して言った場合1対1の個別塾はとてつもない成果を期待できます。

お子さんは個別指導塾(1対1)より家庭教師向き? 家庭教師にできること

家庭教師と1対1の個別塾との違いは外でやるか家でやるかの違いでしょう。体力的な負担、時間的な負担を考えた時に家で指導を受ける方がとても効率的です。
あと塾の講師としてではなく、先生ではありますが、お兄さん、お姉さん感覚で指導できますので、色々な相談にも乗りやすい環境で指導する事ができます。

個人塾(少人数~多人数)

特徴

個人塾の中には進学塾みたいな形式をとっている塾もありますが、ほとんどの個人塾が個別指導塾の人数が多いパターンです。先生1人に対して生徒が5~10人ほど。塾で問題を解いてわからない所を先生に聞くという形式です。比較的金額が安く、回数も多くいけるのが個人塾の特徴です。

伸びる子の特徴 こんなお子さんは個人塾がピッタリ!
  • ●積極的に質問できる子
  • ●わからない所がわかっている子
  • ●塾に行く目的が「友達がいるから」ではなく「勉強」になっている子
  • ●塾に行く前にしっかりと塾の問題を解いていく子

個人塾に合わないお子さんがいるのはなぜ?

個人塾は比較的金額も安く、回数も多くいけるので、お母さんがお子さんを塾にいかせる時に気軽にいかせやすいようです。進学塾や個別塾と違って、席も決まっていない所が多く、友達同士となりに座れるので授業中に友達同士で話せる時間も多い為に、勉強よりも友達と一緒にいれる空間を楽しみに個人塾に通っている子が多いようです。

あとどうしても先生1人に対して生徒が5~10人ほどいる為に、1人が質問出来る時間が限りなく少ないというのが現実です。しかも先生はやる気のある生徒さんに独占されやすく、あまりやる気のない子は授業中に1回も質問せずに、ただ単に自主学習して帰ってくるという生徒も少なくありません。しかもわからない所は教えてくれますが、勉強のやり方までは教えてくれませんので、塾に行ってテキストの答え合わせをしてそれで終わりになっている場合もあるので、要注意です。

いかに個人塾が12000円~18000円くらいで金額的に安くて、回数も多くみてもらえるからといっても、成果がでてないようでしたら、時間とお金の浪費ではないでしょうか?

お子さんは個人塾より家庭教師向き? 家庭教師にできること

家庭教師なら家で勉強するので、塾の帰りに遊んで帰ってくるという事もありませんので時間を有意義に使う事が出来ます。指導の面に関しても完全に1対1ですので、もし同じ90分の指導をする場合90分全部をその子に使ってあげることができます。先生が他の生徒に時間をとられて、教える時間がないという事はないので安心です。しかも先生がコロコロかわる事もないので、その子の状況を把握しやすく、的確な指示を与え、指導する事ができます。

電話でのお問い合わせはこちら 0120-869-329 (受付時間 14:00~22:00)
成績が伸びない、やる気が出ない原因を今すぐ解決!無料の体験学習のお申し込みはこちら デスクスタイルがなぜ選ばれるのか、その理由が分かる!資料請求はこちら

今行っている塾は合っている?それとも合わない?
タイプ別で塾の特徴を確認して自分に合っているか合っていないか確認してみよう!

  • 進学塾
  • 個別指導塾(1対2~)
  • 個別指導塾(1対1)
  • 個人塾(少人数~多人数)

塾と家庭教師の違いを見て比較するにあたり「教え方」以外の違いもご覧ください!

教え方の違いは?

塾と家庭教師で教え方はどう違うの?塾で今まで伸びなかった方は理由が明らかになります。

塾と家庭教師の教え方の違いはこちら

塾と家庭教師の料金の違いは?

塾と家庭教師はどっちが高い?やっぱり塾・家庭教師選びで気になる料金面。これでバッチリわかります。

熟と家庭教師の料金の違いはこちら

塾と家庭教師の大きな違いとは?

親の負担、時間の負担、体力の負担。大きく3つの視点からみた塾と家庭教師の違いがわかります。

塾と家庭教師の大きな違いとはこちら

他の家庭教師との違いは?

家庭教師をドコに頼んだらいいの?他と私達の違いを7つのポイントで説明します。

他の家庭教師との違いはこちら
私達が塾より家庭教師のデスクスタイルを選んだ理由とは?
電話でのお問い合わせはこちら 0120-869-329 (受付時間 14:00~22:00)
成績が伸びない、やる気が出ない原因を今すぐ解決!無料の体験学習のお申し込みはこちら デスクスタイルがなぜ選ばれるのか、その理由が分かる!資料請求はこちら

トップへ戻る